食物繊維豊富な青汁は便秘でお悩みの方に魅力的

食物繊維豊富な青汁は便秘でお悩みの方に魅力的

便秘が続くと身体に様々な悪影響があります。まず腸内に便が溜まったままだと肌荒れしやすいです。さらに栄養が体内に溜まりやすくなるので肥満に繋がりやすいです。便が腸内で腐敗することで口臭や体臭が悪化することがあります。

 

そんな便秘解消に期待されているのが食物繊維です。食物繊維は野菜に多く含まれていることで良く知られています。便秘でお悩みの方は積極的に野菜を取り入れた食生活に見直されると良いです。

 

しかし忙しい現代人では中々野菜を使ってお料理する時間が無いものです。そんなときに便利なのが野菜を原材料にした青汁です。青汁ならスティックを開けてコップに入れ水を注いで飲むだけです。

 

時間のかかるお料理せずに食物繊維を体内に補給することが出来ます。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の大まかに分けて2種類があります。

 

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維ですが水を吸収して膨らみます。腸内で便が水を含んで大きくなることで腸の働きを活発にすると言われています。水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で便を柔らかくしてくれます。

 

腸の動きが悪いときは不溶性食物繊維、便が固くて詰まっているときは水溶性食物繊維とバランスよく摂取すると便秘しにくくなります。青汁には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維とバランスよく含まれています。

 

どの食材に不溶性食物繊維、水溶性食物繊維が多く含まれているのか分からない方でも大丈夫です。便秘薬を常用すると腸に負担を掛けますし、そのうち耐性ができて効き目が悪くなることがあります。

 

便秘薬を飲んだ次の日に出かける予定がある場合は、いつお腹が痛くなるか分からないので飲みたくないものがあります。しかし青汁なら自然な排便が期待できるので、身体に無理が掛からないです。

 

便秘薬のように耐性ができて効かなくなる心配をせずに済みます。その代わりに便秘薬のような次の日にすぐ排便があると言うわけでは無いです。青汁は毎日使い続けることが必要です。

関連ページ

現代人に不足しがちな野菜、補うなら青汁が一番!
現代人の食事の中で意識して取り入れていかないと不足してしまいがちなのが野菜です。では、野菜不足になると人間の体にはどのような症状が起こってくるのでしょうか?野菜不足になると、同時に3つの栄養素が不足する事につながります。それが、ビタミン・ミネラル・食物繊維です。ビタミン不足は免疫力の低下や体の老化を進める結果につながります。その結果、風邪を引きやすくなったり、シミやシワができやすくなるという問題が起こります。
青汁で野菜不足解消!美肌への近道
青汁と聞くとどんなイメージですか?私は小さな頃青汁を飲んでいる親を見て「何あの緑…飲みたくない…」と青汁に対して良い印象は全然ありませんでした。しかし、高校を卒業して大学へ進学とともに一人暮らしを始めた私に過酷な現実が待ち受けていたのです。実家では栄養面が考えられたご飯をきちんと食べていたため何も心配いらなかったのですが、一人暮らしを始めて不規則な生活・不十分な栄養で肌が一気に荒れたのです。
頑固な症状にも効果あり? 青汁が便秘改善に繋がる3つのポイント
青汁で、便秘解消。スッキリした毎日を過ごせます。
そこで、行き着いたのが、ヤクルトの「私の青汁」です。 これは、取れたばかりの新鮮な大麦若葉を粉末状にして、水やお湯、ヨーグルトなどに溶かして飲むタイプです。これが、美味しいのです。ほのかに抹茶風味がして、ほんのり甘さもあります。1日二回ほど飲んでいます。