頑固な症状にも効果あり? 青汁が便秘改善に繋がる3つのポイント

頑固な症状にも効果あり? 青汁が便秘改善に繋がる3つのポイント

便秘は多くの人たちを苦しめている厄介な存在です。ただでさえ苦しいのにお肌やお尻の状態を悪化させるとなると、堪ったものではありませんよね。

 

しかし、出ない時はなにをやっても出ないもの。大抵の方は腸内環境が悪いため便秘になってしまうそうですが、困ったことに便秘を放置すると、どんどん悪い方向に進んでしまうそうです。

 

食物繊維には腸内環境を整える効果があるようですが、食物繊維が豊富とされている青汁は便秘改善に繋がるのでしょうか。

便秘の原因は野菜不足でもある

野菜不足は便秘の原因にもなるそうです。食物繊維の量も足りていないということですから、当たり前と言ったら当たり前のことですよね。

 

成人に推奨されている野菜の摂取量は、350gだそうです。この量を1日で食べるのはどう考えても無理があります。しかも野菜に含まれている栄養素や食物繊維は加熱することで減少してしまうようです。生野菜を毎日350g食べるわけですが、できそうでしょうか。

 

この数字では野菜不足で腸内環境が悪くなってしまうのも頷けますよね。原因が野菜不足による腸内環境の悪化なら青汁はいい改善策になるかもしれません。

青汁にはデトックス効果もある

青汁にはデトックス効果もあるため、腸内に溜まった老廃物も便や尿と一緒に体外に排出してくれます。便秘になると腸内に便と一緒に老廃物や有害物質が蓄積されるそうで、排出されないまま残されたものは吸収され再び体内に戻ってしまうそうです。

 

便秘が引き起こす様々な不調にはこういった理由もあります。長引かせると面倒なことが起こるというのも分かりましたね。青汁を飲めば便秘改善とデトックス効果の両方が得られるため、まさに一石二鳥ということになります。

野菜や食物繊維は複数の食材から摂ること

便秘を改善したいなら、複数の食材から栄養素や食物繊維を摂取するほうがいいそうです。つまり生野菜より青汁が適しているということになります。

 

食物繊維は水溶性と不溶性に分かれており、それぞれ水に溶けやすい・溶けにくいという特徴がありますが、便秘を解消させるためにはこの2種類両方の食物繊維が必要なのです。

 

野菜サラダではどうしても食物繊維や栄養バランスが偏ってしまうため、頑張って量を食べても効果が少ないという可能性も。青汁は様々な材料から作られているためそれぞれのバランスがいいですし、便秘や美容・健康効果も期待できるということになります。

 

関連ページ

現代人に不足しがちな野菜、補うなら青汁が一番!
現代人の食事の中で意識して取り入れていかないと不足してしまいがちなのが野菜です。では、野菜不足になると人間の体にはどのような症状が起こってくるのでしょうか?野菜不足になると、同時に3つの栄養素が不足する事につながります。それが、ビタミン・ミネラル・食物繊維です。ビタミン不足は免疫力の低下や体の老化を進める結果につながります。その結果、風邪を引きやすくなったり、シミやシワができやすくなるという問題が起こります。
青汁で野菜不足解消!美肌への近道
青汁と聞くとどんなイメージですか?私は小さな頃青汁を飲んでいる親を見て「何あの緑…飲みたくない…」と青汁に対して良い印象は全然ありませんでした。しかし、高校を卒業して大学へ進学とともに一人暮らしを始めた私に過酷な現実が待ち受けていたのです。実家では栄養面が考えられたご飯をきちんと食べていたため何も心配いらなかったのですが、一人暮らしを始めて不規則な生活・不十分な栄養で肌が一気に荒れたのです。
青汁で、便秘解消。スッキリした毎日を過ごせます。
そこで、行き着いたのが、ヤクルトの「私の青汁」です。 これは、取れたばかりの新鮮な大麦若葉を粉末状にして、水やお湯、ヨーグルトなどに溶かして飲むタイプです。これが、美味しいのです。ほのかに抹茶風味がして、ほんのり甘さもあります。1日二回ほど飲んでいます。
食物繊維豊富な青汁は便秘でお悩みの方に魅力的
便秘が続くと身体に様々な悪影響があります。まず腸内に便が溜まったままだと肌荒れしやすいです。さらに栄養が体内に溜まりやすくなるので肥満に繋がりやすいです。便が腸内で腐敗することで口臭や体臭が悪化することがあります。